世の睡眠中には処処がある

それは、寒風が冷たい冬、その日はとても寒く、ぐうぐうた北風放恣の咆哮、そばから散ってゆく木々、北風に北風ががたがたように震えるように.加えて、すでに遅く、全体の街は非常に寂しく、私は、私は、非常に、私は、非常に、私は、非常に急いでいる.私はプラットホームに乗っていたバスの光臨を待っていて、しばらく、車はやっと私の視野に現れて、私はてんてこ舞いの開けかばん、誰が知っている中に無一文.

私が急急が、首を長く見て台しか待ち侘びてバスが立ち去る.ひとしきり風の私をいくつかの身震い、も私わたしの胸にまで下がったと氷点、家の暖かさを見て、今の自分の立場.どうしよう、お父さんとお母さんはまた出張、おばあさんは私を迎えに来てくれない、道を尋ねる人は、道の人はまばらで、どのように聞いて、聞いて、彼らは私を助けることができますか?私は今日この夜にお泊まりになるの?悔しい涙があふれている.

今、バスに乗って1台の走り去っが出て、少し暗く暗くなって、私はいっそう焦っていました.妹さん、どうしたんですか、気持ちが悪いですか」ある大姉さんは私の後ろに立って関心を持っていた.ある人,睡眠、涙はまた流れる、泣きながら自分の遭遇、誰が聞いた後に、顔が難色、体は過去になったみたい.私は、彼女と私は、彼女は私を手伝うことができますか?なぜ彼女は私がそう言うことを聞いて、私は、ああ、この非常に冷ややかな世界では、どのように真実があると言うことを聞いた.

私は、あの大きい姉さんがかばんの中でひっくり返って何をしていて、顔の上で少ししようがないことを見て、彼女の下意識の摇摇頭はまた思っています.数分間.その大姉さんは体を背けるて、手の中の1元硬貨を渡して、私はその硬貨を受け取って、手の上でまだあの大きい姉さんの手の中にまだあることがあることを殘ています.コインをもらった後の私の楽しみのは、冷たい空気が暖かくなって、彼女も私には無理な微笑をくれ、早く家に帰ると言ってくれました.

どうして大姉さんはさっきまでもないように、彼女はどんな事があるか、私は私ですか?何だ?これはバスが来て、私はいそいそして走っていって,幣を投げて、その大きい姉さんは上がって来て、私は疑惑の望みの彼女、彼女は私に空っぽの財布をあげています.私はまだ何も言ってない、車が開き、私は大きい姉さんが消えて私の目に消えて、分かった……

もともとあのお姉さん

を自分だけのコインが与えてくれた,私は全部分かった、分かったお姉さんの難色を示し、分かった分かった彼女の向きを変えて、彼女のしようがないこと、分かってこの世界は温かい、もっとわかりましたが、知って」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です