人間聊闲天睡眠四月

最近少ない閑情見て軽い読み物.

時間がないと言うなら、自分の心には虚がありません.

でも、俗世の乱れている人は食欲がなく、料理が食べて吐き気がする、本も连帯て読む気持ちがない.この状況下にぼんやりして、或いは聊闲天に解放し.

でも小さい女の子が最近、『私は特殊兵です』、書店に行って原版の小説を探します.そして、日曜日などは授業をし、文化の.彼女は朝から私をからかって、目が特に文化が見えるように見える、前行列は家長会に行って、先生やクラスメートは遊び人の家庭主婦だと思っている.彼女の母は家庭の主婦ではないが、遊び人が好きになる.彼女は彼女の小説を探してから、1人は散文の間でぶらぶらしていた.

散文はいつも人が狂信て、週末で、依然として召使いが少なくて、機の上で人が多い.名前の多くが眩しくて、しようがない脳空っぽ、任何も思い出せない作品、唯余光中手に覚えの乗船切符や、林语堂の食後のタバコ.香港に至っては、張小嫻の世界は最も遥かな距離と最も強力なウイルスは,他にはない印象.見た本は本当に食べたことがあって、最後は空気とごみになってしまった.新生代の作品はもちろん、名前も知らないし、名前も知らないし、何も知らない.でも、自分のことを慰めてくれない、頭がなぐさめて、どうにか目にしてきた.

ついでに棚の上から引いた一冊の精选集時時、本が厚く、も様々で、詩歌、散文、小説、建築随筆.気づいたにもかかわらず、世間と呼ばれる才女加美女,たくさんの愛情伝奇カバー身、しかし本当の作品が読んでいない、唯一の1首よく人々に語り継がれるのが『人間四月日」には、元気だと思って書いた長い時間は徐誌.自分の書けぬ者理に疎しは上戸に餅下戸に酒を考えると、恥ずかしい感じ心生も,睡眠、恐ろしく忙把この本恭恭敬お家に帰って、予備空時に体力頭、受け才女の薫陶を受け、この一生割は才女望みがないが、どうやら私達のように.それは誰が言った、結果が重要ではない、享受する過程で、私は常に狐疑これは阿Qの自己慰めの言葉だとしても.

あの時代の作品は現代人には俗っぽいと恥ずかしいとさせている.乱世の中、人の生存はすべて問題になって、その多い詩人と画家は現れて、すべて芸術は物質の基礎の上の贅沢品だと言って、見るようにもしてはならない.若い人がそろって談や国事、あるいは芸術や理想、一部の少年を言わず愁の感慨は、新文化運動時期の靑年は別世界の人.たとえ恋でも、人を不思議にさせてくれます.詩情千尋、万古の四月天,
女性催淫剤.この報われぬ愛、無念さ極まりないのあまり、よく考えてみれば、あまり深くて、あるいは重いんじゃないかという、当事者をさせかねない状況に不安に難しい.もちろんかも知れない、私が小人の心、見慣れた現実に払う勘定高い人、愛情に対応するように貸し出して、一分一厘計算のはっきりして、ある日あなただけなど返済元金に利息をつけ、だから」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です