夏には睡眠蚊取りマットが相対的に最も安全で

ななしち月26日、睡眠、北京市の消費者協会の発表さんじゅう種蚊取り製品が試験結果が25種類のサンプルが検項目はすべて国家の標準に合うが、試験の結果は、1種の蚊取りは人体に対して完全無毒.専門家は注意して、電気蚊取りマットと蚊取り線香液は相対的に安全で、節制を使用して、特に幼児あるいは妊婦の家庭がある.

国際食品包装協会秘書長董金狮紹介、ディスク蚊取り、殺す虫スプレー、電気蚊取りマット、液体電気蚊取りとこの四類常用虫よけの製品は、その天然性と人体への影響の程度に順番に並べては液体電気蚊取りと電気蚊取りマット影響は比較的小さく、ディスク蚊取り回最も度、殺し虫スプレー.殺してから蚊スプレー中の殺虫成分の人体に有害で、噴出後は空気の中で散り、触れて人の皮膚や口、呼吸道、そして人体に吸収されるので、なるべく噴終わった後しばらくしてから部屋に入り、ディスク蚊取りを燃焼は揮発虫よけ成分まで煙霧の中で制御蚊の神経係、それの濃度が高い、持続に釈放して、しかも燃焼時他の物質を生むことができませんので、離人が近すぎて、ない、睡眠時にずっと打ち上げ;電気蚊取りマットや液体電気蚊取りの有効成分はテルブトリンは、直接加熱されていて、毒性と濃度は比較的小さく、主作用は蚊の口腔システム.

一般家庭に、いくつかの植物虫よけ法も試みように値する、わさび、ヨモギ、突きを置いて玄関に入れたり、あるいは包んだ香り布袋後部屋に置いて、とても良い天然虫よけ剤.

(実習編集:刘秀琳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です