月経期の睡眠中で10大「自滅」健康措置

私は保健の良い自分が最も重要で、特に女の人です.女の人は1人1人月はそんなに数日、いやなこと、女性がこの時期にある時に必ず注意して、多少の事項をしてはいけない、気をつけないとイコール自滅の健康に注意しましょう.では、女性は月経期にある時に何かしていることはありませんか?

いち、坐浴べきでありません:

の月経期の子宮頸の口半開き坐浴やお風呂に入りやすい汚水宮腔内リード生殖器官が炎症を起こして.

P2,スキニーパンツ:P3、不適的生活:

の月経期の宮内膜脱落宮なまりが表面の形成の傷に細菌を持ち込んで生活しやすい逆行で入って宮を引き起こし宮内感染添付炎、骨盤内炎症.

P4,睡眠、多く食べないで塩を食べますp> <塩すぎると体内の水分と塩分貯水量が増えて潮が起こる頭痛、月経前興奮や怒りなどの症状は潮前じゅう日低塩食べ物を食べ始め.

P5,お茶飲むには

濃いお茶の中でカフェイン含有量が高い神経を刺激すると心臓血管が生じやすい生理痛、月経期の延長や月経過多同時に濃いお茶の中でタンニン酸を吸収障害を引き起こす鉄鉄欠乏貧血.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です