漢方医針灸は気管支喘息の睡眠治療を治療して鍼灸で治療する

P気管支喘息は慢性慢性疾病で、人々の日常生活と生活の質に影響を与えている.そのため、早く治療して、漢方医の鍼灸はとても良い治療法があります.ちょっと理解してください.

p気管支喘息性特徴

P1種によくある、発作性の肺アレルギー性疾病.は、アレルゲンの高い反応状態で、アレルゲンや他の要因による広範な気道狭窄症.

は、気管支喘息の臨床特徴:発作性息苦しく、咳、多くの吠える性呼吸困難、治療後に治療後に緩和されます.

は冬季を緩和し、夏には、何歳にも発症は、じゅうに歳以前始発で多く、aapの患者さんは病気を代.この病気は繰り返し発作、病状は深刻な者、併発性肺気腫、肺、気胸、気胸.気管支喘息通称ぜんそく病またはほえ病.

は臨床表現によって、この病は漢方医に属してあえぎ、吠える、飲むの範疇.

睡眠

睡眠

Pは小児肺炎の方法を治療して

治療する

主穴を素髎、少商、耳の先.咳をするのは、何者定喘せきを加え、体虚者はさらに4縫って、身の柱.

小児は保護者をいい、医者で指先にその少商、耳の先、定喘、四縫いツボで、平均して、力をやさしくもみ局部まで赤くなって、発熱;

で通常ヨードチンキ消毒後、左手の親指と中国医学者は食をつまんで2つぼ筋肉、右手にはトランペット三棱針利用腕力急速に、正確点刺すぐ出て針(の深さは約2睡眠 mm)、そして両手親指、人差し指は針の週りに中心部に押し出し令出血各さん滴素髎穴のように法を用い毫针点刺瀉血さんを垂らす.

最後ヨードチンキ常規を消毒して、針の先をつけて白や粉(白や、カテキンにいち:いち線量計研を細麺瓶詰め予備)を促進し、針の癒合無料瘢痕化.

睡眠

睡眠

p>よう<をタバコの太さのエステルは条を身に悬灸柱の穴を採用し、艾条温和灸ご分.子供は肌が弱いので、お灸を施する時、親は、指の指に指を入れて約150センチぐらい温度を入れて、温めます.鍼灸あさってに一度、さん回コース.

側に位置し髎鼻部、督脉に過ぎます;少商別名鬼手手紙、太陰肺经の井穴;耳の先は経外奇穴、三穴共用を内外に諸邪血を把握できるから、解表通利の熱を下げて、喉、蘇そして納得がいくの功.定喘背中、第7頸椎棘下に0睡眠 .睡眠 5寸を開いて、治療効果の経験やせき症.

p>睡眠 4穴を縫って<経外奇穴は、両手の人差し指、中指、薬指と小指の第1四指掌と第二関節ストライプ中央白抜き所.

p>を血液を通じて<点刺物質の子供たちを唾液中の消化酵素、膵アミラーゼと膵リパーゼ増え、胆汁分泌量が増えて、それによって役立つ食物の消化と吸収、アンケート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です