自分の誕生日のプレゼントをあげて

自分の誕生日のプレゼント作文

にあげて私の十歳の誕生日の宴会は4月30日に、あの日私はたくさんの誕生日プレゼントを受け取って、かわいい小さいウサギ(おもちゃはおもちゃ)、実物のは金の缶、きれいな新しい服を蓄えます……でも、私が一番好きなのは、自分で送ったプレゼント、あなたはきっと私自分の誕生日に何をプレゼントするんですか?急がないで、急に聞いて、私ゆっくりしてよ.

この日、私とお父さん、母さんちょうど誕生日パーティーに家に帰って、聞い李陶俊の母から電話がかかってきてよんしよ月さんじゅう日太倉日報で、王馨来と同時に発表した李陶俊の作文!三尺高く(もちろん大げさに)、大声で叫んだことがある!」と聞いた、元発表のは私が書いた『水仙』です.は、はは:はは:ハハ!最高の!私は水仙シリーズの書いた三篇、発表は発表は三篇発表することができます、とてもいいでしょう!お母さんは喜んで:“あなたは良いですね、私は明日あの新聞を持って帰ってきます.」

第二日、お母さんは仕事から帰って来て、私のような磁石のように吸うでお母さんに聞きます:“お母さん、新聞が持ってきますか?」答えは:あ、あ、あ!忘れないで.私の日よ!母の物覚えも悪くなりましたね!その時、お父さんは帰って、早く来てね、私は4月30日の新聞を持って帰ってきたと言った.」急いでお父さんに走って、自分の文章を見て、心が誇りに満ちている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です