野の睡眠花の野の花

に座って、雨を通して、目の定格は道端の株の野の花.天姿慧はないかもしれないのですが、できなかった解読の禪の境.それだけタッチの剛毅、あかだらけの顔をいっぱい書いて、過去の波乱万丈.日差しの下で、あなたは笑顔を伸びやかて,蒼蝿粉,依然として好意の咲き乱れ、冷ややかに、あなたは孤独になりましたか?夜には、芳香は内に、依然として願わしくとしている.折り重なっで待つ、研磨中成長、悔いのないことはないか?黙ってても何にも強さは強さ!もし涙を徴服することができることはすべて、風雨の中で漂泊!君とこのままにぶいのは向き合う.はい、人生の穀の時には、これはやはり、すべて最良の手配で.突然の間、心、とても痛い!

野の花、瀋黙、無声、私は可愛がり、私はなまめかしい、私はなまめかしく.ない誰傾情を誰が恋しいと誘う、春風、揺れ、と春雨淋漓、ぴいぴい、春とともに、優柔と蜂蝶ヒ芝居、献上、自然、平平凡々、短い一生、千姿万態,芳華指先.

誰、伶一曲静かで、落花は長くて、有閑は風塵、あっさりしている四季の交代.誰が,睡眠、墨1首の優雅な詩風、あか抜け舞い、両岸の読書が溢れた.聞いて、花軽く語、水が深い、寂然不动、心は鏡のように.私の来た道、種類いっぱい善良の野の花、私が知っているためただこのようにして、あなたはやっとを熟知の香りが私の場所を見つける.

p>と<文:吾を明かす泳ぐ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です