睡眠空を

pは心に一人、どんな感じ?

Pは幸せな感じ、お互い一緒に、充実して楽しくて.

と思う人がそれは暖かい落ち着いた感じで、ただお互い牵牵手、会心の笑み.

人はそれは苦痛に耐えられない感覚、離れている2方、心はあると思う人は、いつも見えない.

人はそれは猶だと感じて、気になる2人、人はいて、いつも心がない.

がたくさん感じる、人によって、多くの感情によって現れ,睡眠、両方に離れて、たとえ与えられない約束しなくても、相手に飛んで、限りなくてもお互いの信頼、起伏さざ波の心にも不可解な幸せ,頭をもたげての時、知らないあの人、かどうかは、もこんなに.

幻想、美しい、現実は、殘酷な、誰もが直面したくない,直面して、もし、空の想いを伝えることができるならば、私は私を助けてください空に伝え、それだけの一日も私の翼になる天使でなくて、多くを与えることができなくても、彼女のそばに飛んで、親密な1つの抱擁、彼女に教えて、私と彼女は.

この睡眠文字には関係のない世界で

静かに身を置いて不完全な血の夕日の下で、見ていて止まらないように振り回した枝は召喚、あれらの昨日去った葉は慰留しよう、殘りの枝先の数枚の葉は枯れ,威哥王,そのとき、はじめて、もう冬.突然、依然としてこの時間を思い出して、ただ見て、静かに見てこのすべて、思い出……そのすべてが……

を背後に控えているあののデジャビュの木、薄暗い天地の下に黙ってこの文字と関係のない世界、西に落ちた夕日が舎てないの回収してかすかな光を呼んで、瀋黙の木、粘り強い殘の枝先の数枚の葉が枯れ、任せて寒風来襲の寒さで、強情なまっすぐに立って、このすべては文字と関係ない、と落葉に関係なく,少し感動し世だけを殘して……

が暗くなると、月がそっと登ったこずえ、靑色の光こぼれ寸寸.と思って経験した春の活力を、夏の熱さは、秋の孤独から,睡眠、冬は詩人のように形容は荒れ果て、ひっそりとして寂しい.昼と夜で交代した瞬間、このすべて瞬間が勃発し、活気がない、冷めて、孤独で、冷ややかで、最後の分について、感動の色の涙.そうですね.そして何よりも、時間がすべて変える、時間はその魔の手を撫でて、あれらのすばらしいが、忘れてしまいましたが、隅に震えていた冷たさと孤独、だんだん習慣習慣を淡々とまで……