世の睡眠中には処処がある

それは、寒風が冷たい冬、その日はとても寒く、ぐうぐうた北風放恣の咆哮、そばから散ってゆく木々、北風に北風ががたがたように震えるように.加えて、すでに遅く、全体の街は非常に寂しく、私は、私は、非常に、私は、非常に、私は、非常に急いでいる.私はプラットホームに乗っていたバスの光臨を待っていて、しばらく、車はやっと私の視野に現れて、私はてんてこ舞いの開けかばん、誰が知っている中に無一文.

私が急急が、首を長く見て台しか待ち侘びてバスが立ち去る.ひとしきり風の私をいくつかの身震い、も私わたしの胸にまで下がったと氷点、家の暖かさを見て、今の自分の立場.どうしよう、お父さんとお母さんはまた出張、おばあさんは私を迎えに来てくれない、道を尋ねる人は、道の人はまばらで、どのように聞いて、聞いて、彼らは私を助けることができますか?私は今日この夜にお泊まりになるの?悔しい涙があふれている.

今、バスに乗って1台の走り去っが出て、少し暗く暗くなって、私はいっそう焦っていました.妹さん、どうしたんですか、気持ちが悪いですか」ある大姉さんは私の後ろに立って関心を持っていた.ある人,睡眠、涙はまた流れる、泣きながら自分の遭遇、誰が聞いた後に、顔が難色、体は過去になったみたい.私は、彼女と私は、彼女は私を手伝うことができますか?なぜ彼女は私がそう言うことを聞いて、私は、ああ、この非常に冷ややかな世界では、どのように真実があると言うことを聞いた.

私は、あの大きい姉さんがかばんの中でひっくり返って何をしていて、顔の上で少ししようがないことを見て、彼女の下意識の摇摇頭はまた思っています.数分間.その大姉さんは体を背けるて、手の中の1元硬貨を渡して、私はその硬貨を受け取って、手の上でまだあの大きい姉さんの手の中にまだあることがあることを殘ています.コインをもらった後の私の楽しみのは、冷たい空気が暖かくなって、彼女も私には無理な微笑をくれ、早く家に帰ると言ってくれました.

どうして大姉さんはさっきまでもないように、彼女はどんな事があるか、私は私ですか?何だ?これはバスが来て、私はいそいそして走っていって,幣を投げて、その大きい姉さんは上がって来て、私は疑惑の望みの彼女、彼女は私に空っぽの財布をあげています.私はまだ何も言ってない、車が開き、私は大きい姉さんが消えて私の目に消えて、分かった……

もともとあのお姉さん

を自分だけのコインが与えてくれた,私は全部分かった、分かったお姉さんの難色を示し、分かった分かった彼女の向きを変えて、彼女のしようがないこと、分かってこの世界は温かい、もっとわかりましたが、知って」

人間聊闲天睡眠四月

最近少ない閑情見て軽い読み物.

時間がないと言うなら、自分の心には虚がありません.

でも、俗世の乱れている人は食欲がなく、料理が食べて吐き気がする、本も连帯て読む気持ちがない.この状況下にぼんやりして、或いは聊闲天に解放し.

でも小さい女の子が最近、『私は特殊兵です』、書店に行って原版の小説を探します.そして、日曜日などは授業をし、文化の.彼女は朝から私をからかって、目が特に文化が見えるように見える、前行列は家長会に行って、先生やクラスメートは遊び人の家庭主婦だと思っている.彼女の母は家庭の主婦ではないが、遊び人が好きになる.彼女は彼女の小説を探してから、1人は散文の間でぶらぶらしていた.

散文はいつも人が狂信て、週末で、依然として召使いが少なくて、機の上で人が多い.名前の多くが眩しくて、しようがない脳空っぽ、任何も思い出せない作品、唯余光中手に覚えの乗船切符や、林语堂の食後のタバコ.香港に至っては、張小嫻の世界は最も遥かな距離と最も強力なウイルスは,他にはない印象.見た本は本当に食べたことがあって、最後は空気とごみになってしまった.新生代の作品はもちろん、名前も知らないし、名前も知らないし、何も知らない.でも、自分のことを慰めてくれない、頭がなぐさめて、どうにか目にしてきた.

ついでに棚の上から引いた一冊の精选集時時、本が厚く、も様々で、詩歌、散文、小説、建築随筆.気づいたにもかかわらず、世間と呼ばれる才女加美女,たくさんの愛情伝奇カバー身、しかし本当の作品が読んでいない、唯一の1首よく人々に語り継がれるのが『人間四月日」には、元気だと思って書いた長い時間は徐誌.自分の書けぬ者理に疎しは上戸に餅下戸に酒を考えると、恥ずかしい感じ心生も,睡眠、恐ろしく忙把この本恭恭敬お家に帰って、予備空時に体力頭、受け才女の薫陶を受け、この一生割は才女望みがないが、どうやら私達のように.それは誰が言った、結果が重要ではない、享受する過程で、私は常に狐疑これは阿Qの自己慰めの言葉だとしても.

あの時代の作品は現代人には俗っぽいと恥ずかしいとさせている.乱世の中、人の生存はすべて問題になって、その多い詩人と画家は現れて、すべて芸術は物質の基礎の上の贅沢品だと言って、見るようにもしてはならない.若い人がそろって談や国事、あるいは芸術や理想、一部の少年を言わず愁の感慨は、新文化運動時期の靑年は別世界の人.たとえ恋でも、人を不思議にさせてくれます.詩情千尋、万古の四月天,
女性催淫剤.この報われぬ愛、無念さ極まりないのあまり、よく考えてみれば、あまり深くて、あるいは重いんじゃないかという、当事者をさせかねない状況に不安に難しい.もちろんかも知れない、私が小人の心、見慣れた現実に払う勘定高い人、愛情に対応するように貸し出して、一分一厘計算のはっきりして、ある日あなただけなど返済元金に利息をつけ、だから」